1万円リース 毎月フラットなお支払いで家計管理も楽々!安心充実のカーライフ

独VolksWagen ハンドルとブレーキの無い完全運転自動車を公開!

 

新着情報

独VolksWagen ハンドルとブレーキの無い完全運転自動車を公開!

更新日:2017/03/08

皆様こんばんわ!!

大阪でカーリースを取り扱っておりますテラニシモータースより吉田でございます!

急にまた最近寒くなってきましたよね^^;

末端冷え性の僕として厳しい気温となってきました。

風だけでも止んでほしいんですけど、多分無理ですね。あきらめます笑

さて今日は気になる物を見つけたので書いていこうと思います。

独Volkswagen ハンドルもブレーキも無い完全自動運転自動車を初公開!

これは車にあんまり興味が無い方でも目を引くニュースだと思います!

言い方を変えてしまったら動く鉄の箱ですよね!!

いやぁとうとう自動運転が出てくる時代になったんですね笑

ネットで発見したんですけど、あんまり車感が無いんですよね^^;

まぁ自動運転やしこんなもんか、と思ったりもしますが見た目は一昔前に流行った喋るロボット??犬??に似てますね笑

多分今見えているほうがフロントなんでしょうね!

リア側も気になりますね笑

 

完全自動運転車 ニュース

一応ニュースで書いてあったことも紹介させていただきます。

独Volkswagen Groupは3月6日(現地時間)、スイスで開催の「ジュネーブモーターショー 2017」で、

ステアリングもない完全自動運転車「Sedric」のプロトタイプを披露した。

読みは「セドリック」で日産がかつて販売していたモデル(CEDRIC)と同じだが、 SedricはSElf DRiving Car由来のようだ。

あくまでもコンセプトカーなので、この名称で一般に販売するかどうかは不明だ。

Sedricは、米GoogleからスピンオフしたWaymoのプロトタイプと同じ、ステアリングもブレーキやアクセルもない、完全に自動運転する車だ。

VolkswagenはSedricをSAE Internationalが定義する「レベル5」の完全自動運転車だとしている。

リモコン「OneButton」 をタッチするだけでユーザーの元に迎えに来て、ユーザーを認識するとドアを開ける。

完全自動運転車はまだ世界で認可されていない。Sedricの発売時期や価格はまだ不明だ。

同社は昨年5月、米Uberと競合する配車サービス企業Gettに出資しており、配車サービスでの採用も想定しているのかもしれない。

マティアス・ミューラーCEOは発表文で、向う数年間で数十億ユーロを自動運転技術に投資し、最高の専門家を採用していくと語った。

 

はぁー!ボタンプッシュで家まで迎えに来てくれるとな!!

ボタンひとつで充電器に戻るルンバみたいな感じなんですかね!?笑

ちなみにボタンはこんな感じ。

オシャレ過ぎて何もいえません^^;

 

ネットでは移動する部屋として認識している方や、これするならタクシーでよくね??という方いろいろな意見があるみたいですね!

これ特別ほしいとかは思ったりはしないんですけど出来るならば試乗したいですね笑

まぁ乗ったとしても自分でハンドルやブレーキを操作するわけではないから、ただ座ってたら終わってたという感じがしますが

それはそれでいい経験かもしれませんよね!!

あと20年後ぐらいには出来るんですかね??

出たら試乗だけしに行こ!!笑

 

それでは大阪はテラニシモータースより吉田でした!!

top

Copyright (C) テラニシモータース All Rights Reserved.